09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
江頭2:50
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
うぅ…(´;ω;`)ブワ
 うぅ…







俺の…



俺の…



俺の吸ってるPHILIP MORRIS LIGHT製造中止に!


あんまりだ…

大好きだったタバコ…
俺の吸ってる…大好きな…



うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!



スーパーライト吸うか(´・ω・)y-~~
MIRUSU(MMO_NAME) 風霜皐月(HN) | リアル | 01:31 | comments(28) | trackbacks(0) | pookmark |
mixiバトン
 18禁 過激バトン

貴方は大好きな人が望むならどこまで出来る!?

◎{躊躇いなく出来る
○{出来る
△{悩む
×{絶対無理

質問は消して下さいね。

01=○

02=○

03=○

04=○

05=○

06=×

07=×

08=△

09=△

10=◎

11=×

12=◎(喜んで

13=◎(喜んで

14=○

15=○(相手はえーっと…

16=×(男はこれ無理じゃね?

17=○

18=○

コメントをくれた方に回します。過激ですから覚悟して下さい!!


男じゃ無理なものあるから吹いた。
mixiユーザーのみバトン渡します。
MIRUSU(MMO_NAME) 風霜皐月(HN) | mixi | 21:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
上司の結婚式二次会にて
 
  ビンゴ大会でディズニーランドorシーの一日フリーパスポート当った(´・ω・`)
誰と行こうかしら(´・ω・`)


1:エルモアのオッサン
2:会社の後輩の女の子
3:とりあえずナンパ



 さて、どうしたもんか(´・ω・`)


オフ会に付いて
コメントにて参加のあれが無いんだがみんな大丈夫か?
少し伸ばして来週の日曜日に予約取るよ〜。
最悪飲み会の場所変わるかも知れないから宜しくねヾ(´・ω・`)ノ
MIRUSU(MMO_NAME) 風霜皐月(HN) | リアル | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
第8回 RedStone REDEMERALDGuild NorthWind オフ IN 千葉
 

  待たせたな(`・ω・´)+



 今年も開催、赤石メンバーのオフ
最後のオフから1年とちょっと、皆いかがお過ごしですか?

という事で、今回のオフ詳細を発表します。


日時:2009/12/19(土)
    ■午前の部:11:30千葉駅集合
     ボーリング大会

    ■午後の部:18:00
     恒例飲み会

会費:一人5千円(飲み会含む)


飲所:和風レストラン 天狗 千葉県市原市五井2434-1
コース:アンケート実施、コメントにて
http://www.teng.co.jp/tenpo/washoku/enkai.shtml
↑コース参照

現在決定メンバー:MIRUSU ERUMOA senkou FUNKER りりるー 澪姫
連絡待ち:EVA00 ぽっぽ0号 MILKCOCOA 蛇蝎 霜月零 DEDA ryurin 
欠席確定:マユゲ

参加表明はコメントに記載をお願いします、今月末に締め切りとし宴会の予約を入れますので皆様ご了承下さいませ。
尚、参加表明と共に鍋物のアンケートを取ります、多数決によって決定しますのでこちらもご了承下さいませ。

禁止事項:飲み会開始前のアルコールインストール

以上になります、連絡待ちに記載されて居ないメンバーでもし参加したいと言う方がいらっしゃいましたらコメントへ出席届けと鍋物を決めて下さい。

追記:予約を取るときは 株式会社NorthWind で取ります。
MIRUSU(MMO_NAME) 風霜皐月(HN) | NorthWind オフ会 | 23:10 | comments(9) | trackbacks(0) | pookmark |
Going on

 
 「おや?」
朝から体がだるく、不機嫌な顔をしてパソコンの画面を覗きこんでいた。
体調が悪いと言っても寝不足なだけで心身ともに異常は特に無い。
「懐かしい曲だな、どれ」
とあるコミュニティー動画サイトへアクセスし目に飛び込んできたタイトルがあまりにも懐かしくて思わずクリックする。
高校時代に、まだMIDIが流行していてMP3なんて重くてダウンロードが出来なかった当時の回線。そんな時によく聞いていたMIDIの原曲を発見した。
日曜日と言う事もありサイトへのアクセスが集中しているのが分かる、重くて中々接続が出来ない状態が続いている。ようやく動画が流れ、懐かしい音楽がスピーカーから流れ出した。
「相変わらずいい曲だ、これがギャルゲーの曲とは到底思え無いよな……当時は良く分からなかったけど」
パソコンの隣に置いてあるコップに無糖の珈琲を注いで窓を開ける、10月の前半だと言うのにとても寒く吹きこんで来た風が半分寝ぼけていた俺の目を様させる。
「おー……寒いな」
部屋の空気を入れ替えるつもりで開けた窓を半分だけにして再び椅子に座る、いれた珈琲に手を伸ばして少しだけ啜った。
「良く聞いてたなこの曲、MDウォークマンに入れて永遠と聞いてたっけ」
若干音量を下げて朝のBGMにする、枕元からタバコを取り出して口に加えた。目の前に置いてあるオイルライターで火をつけて一呼吸置いてから煙を灰に通す。
「たまらねぇ……この一服が極上にたまらねぇ……」
見事なまでにオッサンになっている自分に少し笑った、当時からすれば今の自分なんて到底想像できるものではなかった。想像できて二年か三年、それぐらいの自分を想像するのが精一杯だったあの頃に聞いていた曲に青春を重ねてみた。

 まるで何年も何年も聞き続けた曲のようにスピーカーからメロディーが流れる、それが日課で当り前の用にさえ感じる事が出来る。それほど懐かしく聞き入ってた曲だと分かる。
あれから幾年、仕事を始めてからは仲間と遊ぶことも無くがむしゃらに働いて過ごしてきた日々。気が付けばもう十月、今年も残すところ僅かとなっていた。
 高校時代は毎日が長く感じて、授業が終わった後の部活が楽しくて仕方なかった。だが楽しい時間ってのはやはり短く感じるもので、俺も例外ではなかった。
もちろん仲間と一緒に遊んだ時間も短く感じた、一緒に祭りに行ったりプールへ出かけたり。時には自転車に跨って何人も列を作って遊びに出かけた事もいい思い出。今では車で近場より遠くへと出かける様になり、一人でドライブすることもしばしば。
そんな時に懐かしい曲をかけては昔を思い出したりもしていた、山育ちの俺としては海が好きで堪らなく。必ずドライブは海へと出かける。海を横目に見ながら永遠と伸びる道路を走るのが堪らなく好きだ。
 今年も何度それをしては昔を思い出して仲間の顔を浮かべた事か、楽しかったあの日あの時あの時間。今ももちろん面白くて比較する事なんて出来る事では無い。
 それでも昔の楽しかった時間は色あせることなく思い出として残っていて、時々こうして思い出しては懐かしむ。人それぞれでどうやって思い出すかは分からないけど俺は音楽で思い出す事が多い。
出来れば、もう一度あいつ等にあって遊びたい。今だからこそ一緒に酒を飲もう。そう思う。
そんな事を思いながら空を見上げて布団を干す。今夜はフカフカの布団に包まれて寝よう、お日様の匂いと暖かさを残した布団に包まれて、妙に冷える夜を暖かくして寝る事にした。




■ベルアイル


かーーーぼーーーちゃーーー!

 

 

 今年こそはGetしたリジェネカボチャ!
後は夜1を二つ揃えればHPリジェネ100/3Secの出来上がり。
そして装備次第でどうにでも成る用に現在装備を改めて考え中、VIT AGI LUCをカンストさせる用にまた金をかけてどっこいしょ…。

待ってろよキリンさん!象さんよりも貴方に会いたいんだ!




とりあえず皆が3層にいける用になったらね(´・ω・)y-~~


さて、今週の火曜日もエピック集めだ。がんばるぞ〜(`・ω・´)

MIRUSU(MMO_NAME) 風霜皐月(HN) | 小説風 | 00:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ベルアイル ぷらす スカイプヾ(´・ω・`)ノ



皐月:(´・ω・`)ノ やぁ



 雫:久し振りに出てきたよこの変態がwwwwww



:(´・ω・`)ヘンタイッテ…



;だって変態でしょ?



:確かに変態だけど…そんな直球で言わなくても(´;ω;`)ブワ



:うるせぇよこのハゲヽ( #゚д゚)ノ┌┛堯`Д゚)・;''



:堯`Д゚)・;'ドM心が擽られる!



:やっぱり変態じゃねぇかwwwwwwwww



:(´;ω;`)ブワ



:それで、タイトルにあるベルアイルってのを記事にするんじゃ無いのか?



:いやぁ、それがどうにもこうにもネタがなくt



∩(ζ  )三⊃Σ)Д´)


:堯`Д゚)・;'うぐるぱぁ!



:このブタヤロウ、ちょっとこっち来やがれ…



:え、何処につれt…いやぁぁぁぁぁぁ!止めてぇぇぇぇぇぇぇ!むしろ止めないでぇぇぇぇ!





























































〜ベルアイル〜




 いよいよ三層突入、と行きたい所だけで他のメンバーでまだ10段報告を終えて無い方もいらっしゃるので先ずはそっちを優先で頑張り中(`・ω・´)

 最近は俺・エルモアを中心にスカイプをしてるところにゲストでアルマローズさんとシェルチェさんを随時召還。
時々ビタンさんとバナさんをスペシャルゲストで召還。パパのテンション高すぎ吹いたwwww


 装備も充実して現在はAF作製待ち+軍資金集め中、殆ど露店で動かないけど半分は裏で作業してたりします。
稼働するのは21時より稼働、何処何処いこーって言われれば迷わずついて行きまっせ!
というより仕事で疲れてるところだからあまり長時間の稼働が出来無いのも事実orz






年取ったなぁ(´・ω・`)






 それより最近は生産が楽しくて仕方ないw
素材集めが面倒なのは重々承知、でも作れる感動と連続失敗の快感w
いやぁ、コレがまた面白いんだww
成功率40%をあえて選んでカンカンカンカンカン……





連続失敗にゾクゾクするよぉ〜wwwww






 という事で次回は誰かゲストを迎えて一緒に火傷しようぜw
という事で今回はこの辺で

ぐんな〜い(´・ω・`)ノシ
MIRUSU(MMO_NAME) 風霜皐月(HN) | ベルアイル | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
登録販売者試験勉強中(´・ω・`)ノ
 
 激しくお久し振りです(´・ω・`)ノ


いやぁ、久し振り。
うん、そう何だ…また何だ。



ネタが無いとかSSが無いとかそん何じゃ無いんだ。


ブログの存在忘れてたんだ(´・ω・`)




うん、忘れっぽいよね俺ってorz


そんなこんなでベルアイル。
現在魂片集め絶賛放置中ヾ(´・ω・`)ノ
いや、初心者育成はやってるんだけどね…。

現段階での目標はVITとLUCを安定させてAGI・VIT・LUCを150キープを目標に頑張ってるところ。
正直ブリュンもう一つ欲しいorz

回避も上限突破して今は159ぐらいまで上がるようになったヾ(´・ω・`)ノ
夜2買っちゃったζ(*//)ζ


でも最近頑張ってるのは近接の女の子より真言のムキムキロリコン王子

殆ど真言忘れてたので久し振りに動かして見たらやっぱり真言は面白い、何よりPTでHGとか行くとどの位安定させられるかが鍵。
攻撃停止と炎守護のタイミングを計りながら必死に奮闘中、でも炎守護の詠唱が完了した直後にブレイクされるともうね…(´・ω・`)

約20秒位のディレイが有るからその間に前衛が見る見る内に倒れていく…先生、何時ものお願いします。


そんなこんなであのまったり感が合ってるのかまだまだベルアイルから抜ける気配は無いものの、新人さんが続かないのは何時もの事。
多少育成方針を変えて見たものの「正直、この育成方針甘いんじゃ無いか?」って思うぐらいまで落として見た、最近の若い人は分からない事を質問し無いのか…;;
何が分からないのかこっちも分からないから教えるに教えられない状況も多々、そこで変更したのが防御スキル100の称号「イージス」取得までの育成。

…防御スキル位自分で100に出来無いならそこから先は何も出来ないと思うのは俺だけだろうかorz
結局な所俺が一人で出来た事を手伝う様になってるから「え…?」って思ったのは当然の事ながら「それ、一人で出来ないとこの先何も出来ないんじゃ…」って思う事も…。
そこで必要最低限な事しか手出してません。
一人でスキル上げしていて楽しいかと聞かれれば誰も楽しくは無いと思うから新人さんがどこかに狩りに行ってるのを確認してから探して合流、アドバイスと情報を渡しながらまったりと雑談しながら一緒に狩り。
もちろん装備は私服とほぼ同じ位にして、武器は何かあったとき用に何時もの装備。
んで、何をするかと言うとその場に座って雑談しながら危なくなったらmobKeel。
時々課題をあげて、それをこなしたら次の狩り場で同じ用に雑談しながら。そして課題。



 何だかんだ言いながら俺も結構甘い所あるから最終的には手出すんだけどね…ヾ(´・ω・`)ノ
それでも雑談に止める事を重視しながら一緒に狩り。
ほら、チャットしながらだと面白いじゃない?
気分転換にラジオ流しながら雑談して狩り、疲れたら景色のいい場所で休憩。






 育成方針もう少し考えなおそうかなぁ…新人さんの一人立ちが心配で仕方ない。
このギルドに居ればずっと面倒見れるから心配は無いけど、他のギルドに行くって事になったらその人大丈夫だろうか?ってゲーム中常に考えてる所でふ。




MIRUSU(MMO_NAME) 風霜皐月(HN) | ベルアイル | 21:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
たまには普通の記事でもヾ(´・ω・`)ノ
 
 こんばんは、皐月です(´・ω・`)ノ

いやぁ、久し振りに普通の記事書くかも。
何分何時もあんな調子のブログだったからなぁ


という事でベルアイルでも






やること無いです(´・ω・`)





回避型にしたのはいいけど、装備回避160付近になると殆ど回避するから安全安全。
時々どんな装備でどんなステなの?って質問があるので乗せて見る。


装備回避重視防御ももちろん確保型








次にLUCブースト完全回避型









こんな感じです(´・ω・`)



何でネコミミなのかって?




これ、性能いいんだよ(´・ω・`)



思えばこの子から始まったんだよなぁ




懐かしいですこの子(´・ω・`)
次が





ドンドンいくよー



名前に困って、最後の最後まで決まらなかったのが

この子ヾ(´・ω・`)ノ



んで、五代目になる現在の完成キャラが












全部喪服なのは俺の趣味ですヾ(´・ω・`)ノ


そしてカッコ良かった初代のMIRUSU君が継承グッバイする時が来てしまいました。
彼の最後の勇姿です





初代MIRUSU君、本当に有難う。そしてお疲れ様です。
だが安心したまえ!

君の名前は9代目で引き継がれる!

やっぱり俺にとってMIRUSUって名前は特別な名前です(´・ω・`)
MIRUSU(MMO_NAME) 風霜皐月(HN) | ベルアイル | 23:00 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
一つの時代が幕を閉じた
 
 皆さんも既にご存知とは思いますが、キング・オブ・ポップ=マイケル・ジャクソン氏が亡くなった。
朝のニュースで始めて知ったとき、とても信じられなかったです。

マイケル・ジャクソンって?って思う方へニコ動で申し訳無いがAddressを貼らせて貰う、よかったら見てくれると嬉しい。好きだったアーティストが亡くなって悲しいが、もしも俺が結婚して子供が出来て、孫が出来たら必ず伝えよう。

「爺ちゃんな、マイケル・ジャクソンが生きた時代を生きたんだぞ?」って

 日本の小さな家からマイケル・ジャクソン氏へ、ご冥福をお祈りしてます。


MIRUSU(MMO_NAME) 風霜皐月(HN) | リアル | 19:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
雷と雨
 
 夕方頃から振り始めた雨は、次第に強さを増して雷雨へと変わってきた。
時折土の匂いを部屋に運んでは消え、また少しひんやりとした北風が部屋の中を通り抜ける。
タバコの匂いを書き消すほど強い土の香りは高校時代、部活の帰り道を思い出させてくれる。
 記憶として新しいのは何時もの下校メンバーと一緒に坂道を自転車で走っている時に振り出した夕立、季節柄Yシャツのみの僕達は雨に濡れると透けて肌が少しだけ浮かび上がる。当時はまったく気にしなかった事でも今となっては到底出来る事じゃない。
同じくして古い記憶、僕と帰り道が同じの女子が二人、一列に並んで走っていた。既に三人とも程よく濡れていてシャツが透けて見えた。
「ん……」
ふと激しく振りだした雨で俯いていた顔を上げるとそこにはブラウスから透けて白い下着のようなものが見えた。当時片思いだった人の下着が確かに見えた。
「やば……」
咄嗟に速度を上げてその子の前に出る、追い抜かれた子は何で抜かれたのかと不思議に
「皐月〜、空力抵抗とかそんなの無いんだから。ましてや前に出たところで私に掛かる雨も変わらないよ〜」
そんな事を言って居た。
「いや、前に出たのは……」
そこで言葉に詰まった、素直に言えるわけが無いその後に続く台詞。ましてや同じ学校の同じ部活の片思いの女性に対して……いえるはずが無い。下着が透けて見えるぞなんて。
「何ー?よく聞こえない」
「何でも無い、雨も強くなってきたし早い所帰ろうか」
「ふふふ、皐月!良いもの見たね!」
ようやく気が付いたのか、一番後ろを走っていた女子がニヤニヤと笑いながらそんな野次を飛ばしてきたのを覚えてる。少しこわばった顔で後ろを振りかえり「それ以上言うな!」と胸の中で叫んだ。

 「おや?」
そんな事を思い出しているとき携帯電話が鳴った、ディスプレイを見ると懐かしい人の名前が出ていた。野次を飛ばしてきた当時の女の子だった。
「もしもし?」
「あ、皐月?久し振り〜、元気にしてた?」
「元気じゃなかったら電話に出ない、どうした?」
ちょっと懐かしい声に戸惑いながら電話腰に笑った、右手でタバコを取り出して咥える。左手で電話を持っているので再度右手でライターを取り出して火をつける。
「まだタバコ何て吸ってるの?」
「あぁ」
「良い加減タバコなんて止めたら?健康に悪いよ?」
その言葉を聴いたのはとても久しかった、同じ台詞を昔好きだった女から言われたのを思い出してまた笑った。
「同じ事を前に言われたよ、でももう良いんだ。今更止められないよ」
「もう……肺がんになっても知らないよ?」
「今日は随分と食い下がるな、それで用件は?」
「あ、そうだった。実はね?」


 タバコと雨と雷、僕には良い想い出が無い。
今を思えば、何でタバコなんて吸い出したのだろう。時々考えてはとある女性の顔が頭を過ぎる。別に忘れてた訳じゃない、それでも忘れようとして、忘れられないあの日。
淋しさで一杯だった僕を励ましてくれた友人達、今では何処にいるのかも分からない彼等。その一人とはもう連絡も取れない。
 時間と言うのは昔の事を忘れさせてくれるのと同時に辛い事を思い出させてくれる。それはきっと、この雨のせい何だと思う。
雨と雷とタバコの匂い、それが昔の青春と仲間達、大切な人の事を思い出させてくれる年に一度の梅雨。
「……また雷か」
椅子から立ち上がって窓から身を乗り出して外の様子を確認する。激しく途端を叩く雨は次第に弱まり雷だけが真っ暗な夜を時折照らしていた。
「皆、元気かな」
呟いたその言葉は雷の音で書き消され、また雨の音だけが真っ暗な夜のなか聞こえていた。
MIRUSU(MMO_NAME) 風霜皐月(HN) | 小説風 | 21:42 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
1/16PAGES | >> |